確かな技術と安心の実績~インプラント治療~

「確かなインプラント治療」は当院におまかせください

「確かなインプラント治療」は当院におまかせください

現在の歯科医療では、失ってしまった歯を元に戻すことはできません。失った歯を補う治療は「補綴(ほてつ治療」といい、補綴治療にはおもに入れ歯治療・ブリッジ治療・インプラント治療という3つの選択肢があります。この3つのうち、最も天然歯に近い見た目と機能を得られるのがインプラント治療です。こちらのページでは、インプラント治療についてご説明します。

しかしインプラントはあくまでも人工物であり、本物の歯にはかないません。横浜市戸塚区の歯医者「おくだデンタルクリニック第二診療所」では、「インプラント(という選択肢)があるから」といって安易に歯を抜くことは考えず、できるだけ患者様の歯を残すための治療を優先しています。どうしても天然歯を残すことができないと判断した場合には、インプラントのスペシャリストが確実かつ安全な治療をご提供します。まずは当院の無料相談をご利用ください。

安心してインプラント治療を受けていただくために

こちらでは、当院が安全なインプラント治療のために行っている取り組みや、導入している設備についてご紹介します。

歯科用CTによる精密な診査・診断

歯科用CTによる精密な診査・診断

インプラント治療を成功させるには、口腔内の状態を詳細に把握する必要があります。そのため、従来のレントゲン撮影だけでなく、口腔内の3次元画像データから顎の骨の立体的な形態や神経の位置、骨密度などを正確に確認できる歯科用CTを使った精密検査を実施し、正確な診断と確実な処置につなげています。

歯科用CTの撮影代行も承っております

歯科用CTの撮影代行も承っております

当院では、他院に通われている患者様のCT撮影代行も承っております。CT撮影できる医療機関をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。撮影料金は12,000円(税抜)です。インプラントの無料相談時のCT撮影も、8,100円(税抜)で承ります。

iCATナビゲーションシステムの導入

iCATナビゲーションシステムの導入

当院では、最新のナビゲーションシステム「iCAT」を導入しています。iCATは、CT撮影によって取得したデータを解析し、コンピューター上で適正なインプラントの埋入位置をシミュレーションする画期的なシステムです。従来のインプラント治療で歯科医師の知識や経験にもとづいて決定されていた埋入位置がコンピューター解析で科学的に判断できるようになり、より正確で安全なインプラント治療を実施できるようになりました。

麻酔科医による静脈内鎮静法の実施

麻酔科医による静脈内鎮静法の実施

インプラント治療では外科手術が必要ですが、当院では手術に対する恐怖感が強い方に対して「静脈内鎮静法」を行っています。静脈内鎮静法は点滴で徐々に麻酔を効かせていく方法で、不安や緊張をやわらげて血圧や心拍数を安定させる全身管理法のひとつ。手術時に脳神経に作用する向精神薬などを点滴投与することで、不安や恐怖を感じることなく手術を受けることができます。薬が効いてくると眠くなりますが、全身麻酔のように完全に意識がなくなることはありません。
外科処置への恐怖感やストレスが大きくなると、血圧が急上昇したり脈拍が乱れたりする危険が生じます。ご心配な方は、ぜひ静脈内鎮静法をご検討ください。経験豊かな女性麻酔科医が麻酔を担当いたします。

安心のオペ実績と充実した設備環境

安心のオペ実績と充実した設備環境

当院には、日本人の患者様のために日本の臨床医が生み出したシステム「プラトンインプラントシステム」のサーティフィケート(証明書)を取得した院長をはじめ、インプラント関連の学会や勉強会を修了した歯科医師が複数名在籍し、年間250件のインプラント手術を行っています。インプラント治療に対する深い知識と確かな技術、さらに充実した設備環境のもとで安全・確実なインプラント治療をご提供いたします。

料金紹介

一回法
一回法
合計金額 185,000円~
(手術代135,000円+上部構造:レジン前装冠50,000円)
二回法
二回法
合計金額 230,000円~
(手術代120,000円+アバットメント代60,000円+上部構造:レジン前装冠50,000円)
審美
審美
合計金額 300,000円~
(手術代120,000円+アバットメント代80,000円+上部構造:セラミック100,000円)

※価格はすべて税抜きです。
※費用は症例によって異なりますのでくわしくはお問い合わせください。

インプラントを長持ちさせるために

インプラントを長持ちさせるために

インプラント治療で使用する人工歯根にはチタンが、歯冠にはセラミックが使われています。どちらも生体親和性が高く劣化に強い素材なので、長期にわたって安心して使用することができます。しかし、そんなインプラントでも場合によっては抜けおちてしまうことがあります。インプラントがダメになる大きな理由、それが「インプラント周囲炎」です。

インプラント周囲炎にご注意ください
  • インプラント周囲炎にご注意ください
  • インプラント周囲炎にご注意ください
  • インプラント周囲炎にご注意ください

インプラント周囲炎は、簡単に言うとインプラントの周囲で起こる歯周病のことです。インプラントは人工物のため虫歯になることはありませんが、インプラントを埋入した部分の骨や周囲の歯ぐきは人工物ではないので、歯周病と同じような症状が発生するおそれがあります。ブラッシングが不十分だとインプラントと歯ぐきの間にプラークが溜まり、インプラント周囲の骨が徐々に溶かされてしまうのです。

歯周病と同様、インプラント周囲炎も初期段階では自覚症状がほとんどありません。さらにインプラントには神経が通っていないので、通常よりも異変に気づきにくい状態にあります。顎の骨が溶けて歯がグラグラになったり、膿や口臭があらわれたりしてはじめて症状に気づくことも多く、手遅れになりがちなのがインプラント周囲炎の怖いところです。

インプラント周囲炎にご注意ください

インプラント周囲炎を防いでインプラントを長持ちさせるには、治療後の正しいケアが重要です。港南区・戸塚区からも通える東戸塚駅近くの歯医者「おくだデンタルクリニック第二診療所」では、他院で行ったインプラント治療のメインテナンスも行っております。せっかく手に入れたインプラントを一生使えるように、定期検診をきちんと受けましょう。

インプラント治療後のメインテナンスはおまかせください「おくだデンタルクリニック第二診療所」のメインテナンスはこちら